ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン7 第7話 「規律と罰則」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク



みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ミショーンは道を歩きながら口笛を吹いていた。当然ウォーカーが何体か現れ、後ろをついてくる。刀を抜き、それらの頭部をおもむろに切り落とすミショーン。彼女は肩にかけていたバッグと刀をその場に置き、切り捨てたウォーカーの遺体を引きずっていく。バッグの中からは無線が覗いていた。

 

トラックに忍び込んでいたジーザスは食料品の家のケチャップ状のものを道路に捲き、後をつけるための痕跡を残す。その後、トラックの速度が落ちたすきに、カールと共にトラックから飛び降りて逃げることを提案する。

飛び降り方を先に見せて欲しいと言うカールの言葉に従って、先に飛び降りるジーザス。しかし、カールはそのまま飛び降りようとせず、救世主の拠点までトラックに残る選択をする。

 

拠点に着いたカールは荷物の中から自動小銃を手に取り、荷台に上がってきたニーガンの手下を射殺する。荷台から顔を出し、ほかの手下に「狙いはニーガンだ」と宣言したところで、そのニーガンが現れる。

ニーガンは部下を盾にしつつ、余裕を見せる。カールは銃弾を放つが、すぐにドワイトが横から飛び出して銃を奪ってしまう。ニーガンはカールを処分することなく、拠点の中を案内すると言う。

 

ニーガンはカールを倉庫のような場所の二階に連れていく。ニーガンが姿を見せると倉庫の中にいた人々はすべて跪いた。ニーガンが無償で野菜をふるまうと言うと、人々は跪いたまま拍手をする。ニーガンはその光景を『敬意』によるものだと言ってカールに説明する。

 

ロジータはユージーンを連れて外に向かおうとした。気乗りのしないユージーン。そこにスペンサーがガブリエルと共に現れ、調達に行こうと提案するが、ロジータは聞くことなく外へと向かう。

 

ニーガンはカールを妻達が待機する場所に連れてきた。カールをその場において、妻の内の1人と二人で話をし、アンバーとマークの間に何があったかと問いただす。正直には話さない彼女だったが、アンバーに優しくしてほしいと言う。

次にニーガンはアンバーと話をし、「ここに居たくない者を居させたくない。裏切りは許されない。」と優しく話す。アンバーはニーガンの言うことを恐れ、「この場に残りたい。」と泣きながら答える。

ちょうどそこへフルーツを乗せた皿を持たされたダリルと、それを連れたドワイトが現れる。ニーガンはカールにその皿を持たせて、ドワイトにかまどに火を入れるように指示して出ていく。

 

リックとアーロンは「侵入したらトラブルしかない」と書かれた看板の掛けられた柵を乗り越えた。今日中に何かを探したいとほのめかすリック。アーロンも彼に従った。

 

スペンサーは車に同乗するガブリエルに対し、自分はリックが嫌いだと告白する。スペンサーは彼の家族が死んだのはリックのせいだと逆恨みしている様子だった。ガブリエルは彼の思いこみを優しくかつ厳しく諭す。そして、車から降りて、一人で町へ戻っていく。

スペンサーも車を降りるが、ガブリエルの後を追うことなく、道のわきの森へと入っていく。彼がウォーカーの気配に見上げた場所には、罠としてウォーカーが樹上に仕掛けられていた。

 

ニーガンはカールを自室に連れてきた。ニーガンは目的意識が強く、戦いにおいても強いカールを褒めた後、部下を殺した罰として、右目の包帯を取って見せろと言う。断るカールだったが、ニーガンの圧力に勝てずに包帯を取る。

カールの見た目をさんざんに貶すニーガン。カールはその辱めに耐え切れず、涙を流してしまう。そこに優しい言葉をかけつつ、次は何か歌を歌うようにと命じるニーガン。

曲が思いつかないというカールに、ニーガンはルシールを突きつけ歌わせる。カールは震えながら『Your are My Sun Shine』を歌う。ニーガンはルシールが脳みそを潰すことよりも唯一好きなのは歌を歌ってもらうことだと言う。

そして、カールの母親はどこにいるのかと尋ねる。カールは自ら母を撃ったことを告白する。その告白を聞いた後、ニーガンはアイロンの時間だと言ってカールを連れ出す。

 

再び倉庫の二階に上がったニーガンは、ルシールで柵を殴り衆目を集める。そして、ルールが非常に大切であると皆に聞かせる。ルールを破った者にはアイロンが待っていると言い、倉庫の中心に座らされていたマークの元へとやって来る。

ドワイトに命じて、かまどに入れられていたアイロンを取り出す。耐熱の手袋をしたニーガンはそれを受け取り、おもむろにマークの顔の側面に押し付ける。それはドワイトの顔に作られた火傷の原因でもあった。

ニーガンはカールに歩み寄り、お前をどうするか話をしようと言って連れ出す。

 

スペンサーは樹上のウォーカーの仕掛けを破壊し、そこにかけられていた弓らしき武器を手に取る。そしてウォーカーの遺体をまさぐり、紙に書かれた何かを手にする。

 

ロジータとユージーンが訪れたのは、ユージンの工場であり、弾丸の製造所だった。ユージーンは一度弾丸の製造を承諾したが、相手には数がいるので弾丸一つで彼女を戦わせるわけにはいかないと言う。

ロジータは涙を流しながら、厳しい言葉で何か一つでも役に立つこと、つまり弾丸を作るようにと言う。

 

ニーガンは自室でカールに包帯をさせないまま居させることで、辱めていた。自分を殺そうとしないニーガンに食って掛かるカール。自分たちの怖さを知っていれば、殺さずにはいられないはずだと詰め寄る。その言葉を嬉しそうに聞いたニーガンはドライブに行こうと言ってカールを連れ出す。

ダリルにカールを家まで送って来ると宣言するニーガン。そのトラックの荷台の上にはジーザスが潜んでいた。カールに何かしたら、とニーガンに詰め寄るダリルだったが、ニーガンがドワイトを呼んでダリルを独房に連れて行かせる。車は出発するが、その荷台にはジーザスの姿がなかった。

独房に閉じ込められていたダリルだったが、扉の下の隙間から紙と鍵らしきものが差し入れられる。そこには「今だ、行け」と書かれていた。

 

多数のウォーカーの死骸によって道が塞がれた場所へ、赤髪の女性が車に乗ってやって来る。車から降りてその様子を伺いに出てくる女性。その顔の横へ刀が伸びてきた。女性は降参して銃とナイフを渡す。ミショーンはニーガンの元へ自分を連れていくようにと女性に命じる。

 

ニーガンはカールと共にオリビアの家を訪れ、リックの居場所を尋ねる。オリビアはリックがニーガンへの供物のために調達に出ていると答える。そこでニーガンはリックの帰りを待つことにする。

リビアの家の中を破壊こそしないものの、傍若無人に暴れるニーガン。ついにはジュディスの寝室を訪れ、彼女を抱きかかえる。

 

リックたちは道を進み、二度目の警告が書かれた看板を見つける。そこには、撃たれずにこれを読んでいるのなら、自分はもう死んでいるとも書かれていた。看板の裏に進むと、建物を取り囲むようにため池らしきものがある場所があり、池の中には多量のウォーカーがいた。

 

ロジータは唯一の弾丸を大事に手に取り、ユージーンに礼を言った。ユージーンは彼女の厳しい言葉が本音だろうと言って礼を拒否する。

町に戻ると、ちょうどスペンサーも戻ってきたところだった。門を開けてもらうと、町にニーガンの部隊がいることが見て取れた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です