おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ ブログ

ウォーキングデッド、アンダーザドーム、ブレイキングバッドなど、管理人が観たおすすめ海外ドラマのストーリーを1話ごとに書き起こすブログ。完全なネタバレなので注意。

筆者がHuluやAmazonプライムビデオで見たおすすめ海外ドラマを1話ごとに文章に書き起こしていくブログです。ネタバレが嫌な方はすぐにページを抜けて、HuluやAmazonプライムビデオでご覧ください。また、描写が不足して意味が分からない箇所、誤字脱字などありましたらコメント欄からお知らせください。

ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン7 第10話 「瓦礫の牙城」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク





みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

エゼキエル王と数人の側近は、いつも救世主と取引をする駐車場に集まっていた。やがて救世主の男たちが車に乗って数人現れる。

取引の最中、前回リチャードに絡み殴られた男、ジャレッドが、再びリチャードに絡んで銃を渡せという。互いに銃を抜いて対峙するが、エゼキエルがリチャードを諭し、銃を渡させる。銃を受け取ったジャレッドがリチャードに銃を向けようとすると、それをモーガンが棒で叩き落す。

痛がるジャレッドだったが、棒を渡し、おとなしく殴られる構えのモーガンに一撃を加える。さらに追撃しようとしたところで、今度はモーガンから棒術を習っていたベンが彼の膝を折るように足元を叩く。

リーダー格の男は今回はおとなしく引き上げるが、やがてリチャードを殺すかもしれないと脅しをかけていった。モーガンの棒はジャレッドに奪われたままだった。

 

救世主に銃を奪われたリチャードは町に戻って弓の練習をしていた。そこにダリルが現れる。リチャードはダリルにボウガンを渡し、協力を求める。

 

リチャードとダリルは、リチャードが町の外に隠していた武器庫で銃器をピックアップし、少人数で通りかかる救世主を襲うために廃車の影に隠れた。

リチャードは2,3人の救世主を襲い、無残な姿にしたうえで、武器庫とエゼキエルが大切にしている一匹狼の女の元まで、あえて痕跡を残しておくと言った。彼の狙いは一匹狼の女が殺されてエゼキエルが目を覚ますことだった。

ダリルはその一匹狼で男よりも強いという女の名前を尋ねる。それがキャロルだとわかると、ダリルはリチャードの行動に反対の意思を示す。だがリチャードは救世主を掃討するためには犠牲が必要だという。

やがて救世主の車が通りかかるが、ダリルがリチャードを取り押さえ、事を起こさせなかった。もみ合いになる二人だったが、ダリルがキャロルには手を出させないと言って、その場で二人は決別した。

 

ごみの廃棄場に扉があり、その中から何人もの男女が現れた。全員が黒っぽい服を着ている。その中にリックたちの姿もあった。人々は無作為に歩き回るようにしながら、やがてリックたちを二重の縁で囲むように並びなおす。

その中の一人からリーダーは誰かという声がかかる。声の主は女性で、彼女は姿を現すと、あなたたちの命を預かったから買い戻したいか?とリックに問う。

リックはその問いに答えず、ガブリエルがいるはずだと返す。リーダー格の女は顎でメンバーを動かし、ガブリエルをその場に連れてこさせる。そして、ボートの物資もガブリエルも自分たちがいただいたという。

リックはボートの物資と自分たちの命は救世主のものなので、それを奪った彼らは殺されるだろうとし、解決策として、自分たちと共に救世主と戦えと言う。しかし、リーダー格の女はそれを断った。

リックたちにつかみかかろうとする周囲の人々だったが、ミショーンやロジータが激しく抵抗し、もみ合いになる。もみ合いが徐々に拡大し始めたとき、エゼキエルがグループの一人の首にナイフを当て、救世主と戦った後には報酬があると言った。

リーダー格の女性は仲間たちに武器を下させ、話を聞く姿勢を示した。ガブリエルの必死の説得で、やや気持ちが動いたリーダー格の女は、リックと共にごみの山の1つに登った。

 

女は自分たちのグループが世の中が変わってしまったすぐから物を奪って来たという。そして、世の中がさらに変わってきたため、自分たちも変わるべきなのかと尋ねる。それは独り言のようにも思われた。

その言葉の真意を問う暇もなく、女はリックをごみの山から突き落とす。幸い高さのない山で、大事には至らなかったが、すぐに山を這い上ることはできない場所だった。

すると、全身に杭を刺されたうえに頭部を金属で覆った、ハリネズミのようなウォーカーが現れた。迫るウォーカーの頭部を抑え込もうとしたリックは手のひらに杭が刺さる。

それを振り切り、今度は蹴りで遠ざけると、内股が別の杭で傷ついた。ごみの山を登って逃げようとするが、山が崩れて思い通りに登れない。絶体絶命だったが、ミショーンのアドバイスであえてごみの山を崩し、ウォーカーが身動きをとれなくなったところで、落ちていた金属片を拾い上げて、それにとどめを刺した。

 

リーダー格の女は、山ほどの銃があれば戦うとリックに言った。だが、その後の話はかみ合わず「彼の名前はウィンズロウ」と言い、ガブリエルをさらった理由も述べずに出ていくように言った。最後に彼女の名前を尋ねたリックに、ジェイディスとだけ名乗った。

謎の多い、異様な雰囲気の人々はジェイディスが立ち去るのと同時にリックたちから奪ったものをその場に置いて去っていった。

 

キャロルは人の気配がして家の外に出た。そこにはエゼキエルと側近がいた。彼らはウォーカーの掃討とキャロルに食料を渡すために来たようだった。それを冷たくあしらうキャロル。王たちはおとなしくその場を去っていった。

キャロルが部屋に戻って本を読み始めると、ドアをノックする音がした。エゼキエル達の再訪だと考えてドアを開けたキャロルだったが、そこにいたのはダリルだった。感激のままダリルと抱擁を交わすキャロルだった。

 

夜、キャロルは救世主が現れたかとダリルに問う。それを肯定するダリル。嫌な予感に、皆が無事かと泣きながら問うキャロルだったが、ダリルは来た連中は全滅させ、残りの連中と取引している、全員無事だと答えた。

キャロルから食事のふるまいを受けたダリルは、暗い夜道を王国へと帰っていった。

 

王国に戻ったダリルはモーガンと話をした。モーガンにエゼキエル王の説得を頼むダリル。モーガンは自分には無理だと断るが、ダリルは諦めなかった。そして明日にヒルトップに帰って戦いに備えると言ってその場を離れるダリルだった。