ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン4 第10話 「生存者たち」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク



みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

森でウォーカーから逃げ惑うベスとダリル。やがて森を抜け、背の高い茂みが広がる草原に出た二人は、ウォーカーの姿が見えないところであおむけに倒れこみ、息をついた。

 

ダリルは消沈しているものの、ベスは生き残っているであろう他の仲間を探そうと、強い意志を見せる。ダリルは人の足跡を見つけるものの、その人物が生きているとは考えにくいという。彼はどうやらハーシェルを救えなかったことに責任を感じているようだ。

しばらく周囲を探すと、線路の脇で何かを捕食しているウォーカーが数体いた。ボウガンでウォーカーを始末し近づくと、そこには原型をとどめない何か、靴がそばに落ちている何かだった。

 


 

リジー姉妹もタイリースとともに生き残っていた。そしてタイリースの胸にはジュディスが抱かれていた。

鳴き声を上げる赤ん坊を抱いての逃亡は困難さに加え、リジーの妹のミカは周囲の音におびえて逃げ出してしまう。森の中へミカを追っていくと、遠くから助けを求める声が聞こえた。 タイリースは姉妹を背中合わせにその場に待つように言い、声の方へ走っていく。

タイリースが見つけたのは線路わきで戦う親子だった。すでに一人倒れており、父と息子が奮戦している。タイリースも戦いを手伝うが、やがて息子がウォーカーの餌食となってしまう。

 

そのころ、泣き止まないジュディスをあやすことができず、リジーは彼女の口を手で覆うことにした。口を覆ううちに力がこもっていくリジー。

その時、背中合わせにいたミカがウォーカーを見つけ、弾を放つ。それでもリジーはジュディスの口をふさぐことをやめず、逃げることもしない。

 

タイリースは戦いのさなか、銃声を聞く。急いで戻ろうとするが、ウォーカーとの戦いが終わらない。やがて父親もウォーカーに噛まれてしまう。やっとのことでウォーカーを退けたときに、タイリースの名を呼ぶ人物があった。振り向くと、そこにはジュディスをやいたキャロルと、リジー姉妹がいた。リジーの目は心なしか遠いところを見ているようだった。

再会を喜ぶタイリース。そこに、命が途切れていない父親から、線路沿いに行けば安全な場所がある、と情報をもらう。父親はもうそこから動くつもりはないらしく、タイリースたちだけで線路沿いを歩き始めた。

 

キャロルは刑務所が落ちる最後の場面は見ることができたらしく、それで森に逃げ込んだ彼らを追ってきたのだという。

線路沿いを歩いていると、地図が貼ってあった。そこには生存者に向けたメッセージと「終着駅」という言葉が書かれていた。

 


 

 マギー、サシャ、ボブの三人は川べりで休んでいた。マギーはバスで東に逃げたグレンを追うと言ってその場を離れる。彼女を一人にできないと言ってボブもそれに続き、サシャも仕方なく続いた。

しばらく車道に沿って歩みを進めると、バスが停まっていた。駆け寄る三人。しかし、バスの中から顔を出したのはウォーカーだった。中を確かめるために、バスの扉を開け、一体ずつ仕留める三人。

やがて、扉を制御できなくなり、10体ほどのウォーカーが飛び出してくるが、三人はそれを退ける。ウォーカーは刑務所から逃げた人々だったが、その中にはグレンの姿はなかった。

バスの中の様子を調べようと、中に飛び込むマギー。中に死んだばかりの人をむさぼるウォーカーが一人いたが、そのウォーカーもグレンではなかった。

 


 

気を失っていたグレンが目を覚ますと、そこは刑務所の敷地内で、ウォーカーの手が届かない高所だった。グレンは一旦屋内に引き返し、ベッドの下から、刑務所を占拠したばかりのころに使った防護服を取り出す。

そして、バックパックに食料や備品を詰めると、防護服を着て外に飛び出す。一度は多数のウォーカーに囲まれるものの、防護服のおかげで噛まれることなく、ウォーカーを押しのけて進むグレン。ウォーカーの一団を抜け、走り出したところで、フェンスに守られた場所でじっとしている人物を見つけた。

その人物はタラだった。グレンはそのフェンスの中に入り、彼女に逃げようと声をかける。タラは自分が襲撃者の一人であると告げるが、グレンは彼女の力が必要だから一緒に逃げようと改めて誘う。

グレンは、屋内で見つけたウイスキーのボトルを持ち出しており、そのボトルの口に布を詰めた。そしてライターで布に火をつけると、その火炎瓶を近くに停めてあった廃車に投げつける。

炎と煙を上げる廃車にウォーカーが群がったすきをついて、二人は刑務所の敷地を抜け出す。

 

逃亡の道中、グレンはハーシェルが襲撃者によって命を奪われたことを知る。タラは再び、自分が襲撃者であり、グレンの力になれないと言ってその場を離れようとする。しかし、グレンはそれでも彼女の力が必要だと言って引き留める。

グレンはマギーを探すためにバスを降りたが、見つけることができなかったので、亡き義父の「信じろ」という言葉に従って探し続けるつもりだという。そして、タラに助けを求めた。

 

するとそこにウォーカーが現れる。格闘の末ウォーカーを退けたものの、グレンは気を失ってしまう。タラが最後のウォーカーを仕留めて顔を上げると、そこに軍用トラックがやってくる。トラックからは男二人と女一人が出てきた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です