ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン6 第16話 「悪魔の口笛」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク



みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ウォーキングデッド

モーガンがキャロルを探して草原をさまよっていると、鞍をつけた馬が草原にいた。

 

キャロルに撃退された車の助手席にいた男は別の場所でひたすら歩いていた。

 

ある男が森の中を走って逃げていた。どこからともなく口笛が響く。逃げる男を追うように、銃を持った数人の男たちが走っており、転んだ男の前には別の男たちが立ちはだかった。

 

リックは腹痛を起こしたマギーをヒルトップに移送するべくキャンピングカーに乗り込もうとしていた。エイブラハム、サシャ、ユージーンも同乗する。

アーロン、カールもそれに続き、町の守りはガブリエルが責任を持って固めると誓った。スペンサーは救世主が現れた場合は交渉するべきかとリックに相談するが、リックは自分が戻るまで待たせておけ、とだけ言って車に乗り込んだ。

 

馬に乗ったモーガンは廃墟の町の建物の前にうずくまるキャロルを見つける。キャロルは力なく「追うなと言ったのに」と話す。彼女は腹部にケガを負っていた。

 

森で追われていた男は足を引っ張られ、道路まで引きずり出された。ひどく暴行を受けた男の顔ははれ上がっていた。

 

キャロルがいた場所は公立図書館だった。中に入り、簡単な腹部の手当てをするモーガン。数時間後には日没なので、翌朝に町に戻ろうと提案するが、キャロルは嫌がった。

 

リックたちの乗る車を運転するエイブラハムが何かを見つけた。森で逃げた男を捕らえた団体、救世主だった。リックたちは武器を持ちながらも戦う意思がないことを示すように両手を挙げて車から降りた。

交渉を試みるものの、持ち物をすべて差し出せという男たち。リックは両手を降ろして交渉の不成立を示すと、別の道を行くと言って車に戻り始める。男たちのリーダー格は特に武力行使はしなかったが、今日が人生最後の日になると思え、と捨て台詞を吐いた。

 

後退した車の中で新しい道を模索し、ユージーンの指示に従って道のりを決めたメンバーは、再び車を走らせ始めた。

 

キャロルは頑なに町に戻ろうとしなかった。守りたい人がいる限り、誰かを殺さなければならないし、それができないのなら守りたくなる人と一緒にいるべきではないと信じていた。その考えはモーガンのものとは相容れないものだった。

 

新たな道で車を走らせていると、再び救世主のメンバーが道をふさいでいた。戦闘を提案するカールだったが、待ち伏せされていた状況と人数差から、再びゆっくりと引き返すリック達だった。その様子に対し、救世主のメンバーの一人は天に向かって銃を放ち、挑発するそぶりを見せた。

 

モーガンが一度図書館の周りを見回った後、建物の中に戻ると、キャロルの姿が消えていた。慌てて馬に乗り再びキャロルを探すために走り出すモーガンだった。

 

三度、エイブラハムは車を止める。リックは運転手のエイブラハムだけ車中に残し、武器をもって外に出る。そこには鎖で相互につながれたウォーカーたちが道をふさいでいた。

ウォーカーを排除しようとしたとき、ウォーカーの頭部にミショーンの髪の毛束が取り付けられ、別のウォーカーの胸にはダリルの矢が刺さっていることに気づいた。動揺したリックだったが、その時道の脇から銃撃が行われる。

やはり救世主に囲まれていたが、仲間たちが応戦しているうちにウォーカーの壁を排除し、車を再び前に進めることができた。

 

リックたちは北に向かっていることがバレていることを悟ったものの、マギーの体調を考慮してできる限り最短の道を進むしかなかった。その時目の前に今日であった中で最も多い人数の救世主が現れた。

 

キャロルがよろめきながら歩いていると、ウォーカーに襲われた。通常であればなんということのないウォーカーだったが、弱っているキャロルには脅威だった。それでも何とか排除したところで、誰かにとびかかられる。助手席の男だった。

男は自分の式が近いことを悟っていたが、その前にキャロルの死に行く様を楽しむと言って、キャロルから奪った銃で、地面に倒れた彼女の腕を撃ち抜く。

キャロルは痛がりながらも笑っていた。男は彼女のその態度にイラつきながらも殺すことから興味が失せ、その場を立ち去ろうとした。しかし、キャロルは男を挑発し、殺せという。男が戻ってきてキャロルに銃を向けた時、制止を求める声が聞こえた。

モーガンが銃を構えて男に向けていたのだった。モーガンは男に立ち去るように言ったが、男は「断る」と言って、改めて銃をキャロルに向けて構えた。同時にモーガンは銃を連射し、男を射殺した。

モーガンがキャロルのもとに駆け寄ると、背後に気配がした。とっさに立ち上がって振り向くと、そこにはプロテクターをつけた男が二人おり、一人は馬上の人だった。何が起きたのかと問う男たちに対し、モーガンは彼らの馬を見つけたことと、キャロルは友人で救いが必要だと答えた。馬に乗っていなかった男は自分たちが助けると言ってモーガンに握手のための手を差し出した。

 

リックたちの車は今度は木材によって道をふさがれた場所にやってきた。背後の陸橋から先ほどの痛めつけられた男が首をつるされ、下された。アーロンは男を助けようとしたが、リックは弾を節約するように指示を出した。

今度は目の前の道をふさぐ木材が炎上をはじめ、リックたちは数度目の後退を余儀なくされる。

ユージーンは救世主たちの狙いが車であり、間もなく日が暮れてしまえば中に誰が乗っているのかはわからないだろうとつぶやく。

 

日が暮れた後、リックはユージーンにガソリンのタンクを渡す。それに応えるように、ユージーンは弾丸の製造方法を書いた紙をリックに渡す。エイブラハムはユージーンの献身に改めて彼を認めたということを告白する。

やがてマギーが車中から運び出され、ユージーンが一人乗る車が走り出す。

 

マギーを乗せた担架を運びながら、夜の森を歩くリックたち。すると突然口笛が聞こえてきた。逃げるように移動を始めるリックたちだったが、広場のようなところに出たとたん、目の前が急にヘッドライトによって照らされる。

まぶしさにひるむリックたちだったが、完全に救世主に囲まれていた。

 

状況に戦くリック。ユージーンはすでに捕らえられ、その場に座らされていた。この日最初に出会った救世主の一団で、リーダー格だった男が声をかけてくる。対等に話をすることもできず、銃を奪われるリックたち。マギーを降ろして跪くように言われる。

リックたちを跪かせた後、リーダー格は他のメンバーも出せとドワイトに命じる。車の中から、ダリル、ロジータ、ミショーン、グレンが引きずり出される。グレンはマギーを見て少しだけ安心したようだった。

 

するとリーダー格の男が「紹介しよう」と言ってキャンピングカーのドアをノックする。中から出てきたのは革ジャンを身にまとい、有刺鉄線を巻いた木製バットを手にした男だった。

男が「誰がリーダーだ」と問うと、救世主の一人がリックを指す。男はニーガンと名乗り、仲間を殺したリックに後悔を指せると宣言する。人を食ったような態度のニーガンは、自分に従うか死ぬか選択しろと言った。

ニーガンは持てるものの半分を納めるように言った。その要求にYesともNoとも答えないリックに、部下殺しの罰を与えると宣言する。そして、これからお前たちのうちの一人を叩きのめすと言い、手にしているバットの名前がルシールだと紹介する。

 

一人一人の顔を覗き込みながら思ったことを口にしていくニーガン。マギーにバットを向けようとしたとき、グレンが飛び出す。しかし、すぐに救世主に取り押さえられ、跪くメンバーの列に戻される。

ニーガンは感情的になってしまった最初の一度だけは許すと寛容な態度を見せる。次はカールを標的にするそぶりを見せるが、リックが「やめてくれ」と叫ぶと、未来の殺人者をそんなに簡単には殺させないでくれと、わけのわからない理屈を述べる。

その後、口笛を吹いたニーガンはバットを使いながら『誰にしようかな』のゲームを始める。最後に誰かを指し、ほかのメンバーに「騒げばカールの残りの眼玉を親父に食わせる」と脅した後、ニーガンはバットを振り上げ、すぐに振り下ろした。

一撃は耐えたその人物だったが、二撃目には視界が奪われた。その後もニーガンは執拗にバットを振り下ろし、振り下ろされた者の頭部を砕く音だけが響いた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です