おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ ブログ

ウォーキングデッド、アンダーザドーム、ブレイキングバッドなど、管理人が観たおすすめ海外ドラマのストーリーを1話ごとに書き起こすブログ。完全なネタバレなので注意。

筆者がHuluやAmazonプライムビデオで見たおすすめ海外ドラマを1話ごとに文章に書き起こしていくブログです。ネタバレが嫌な方はすぐにページを抜けて、HuluやAmazonプライムビデオでご覧ください。また、描写が不足して意味が分からない箇所、誤字脱字などありましたらコメント欄からお知らせください。

ブレイキング・バッド(Breaking Bad):シーズン4 第1話 「グスタボの怒り」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク





みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ゲイルのアパートの住民が警察に通報している。銃声が聞こえた後、誰も犯人を見ていないと告げている。その時グスタボの手下がアパートにやってくるが、ゲイルは顔面を撃たれて倒れていた。

手下が外に出ると、息の荒いジェシーが車の中で呆然としていた。手下はジェシーに銃を向けて車に乗り込み、車を出せと命令する。

  

ラボではウォルターと片付け屋が待っていた。そこにジェシーと手下が入ってくる。手下はゲイルが殺されていたことを片付け屋に報告する。他の野次馬の手前、死体の処理はその場では出来ず、逆に住民に顔を見られたことも報告する。

 

翌朝、ウォルターの自宅のベルが鳴る。スカイラーが外に出ると請求書を渡しに来たマリーだった。支払いを依頼した後、ウォルターの車があるということは復縁したのかと聞くマリー。

彼女が帰った後、ウォルターの車が確かにその場にあることを確認するスカイラー。彼は昨晩外に出て行ったはずだった。自宅に彼がおらず、様子がおかしいことを悟ったスカイラーは、ウォルターの車を運転し、別の場所に置いてくる。

 

ラボで今日の作業に取り掛かりたいというウォルター。グスタボは怒っているだろうが、1日分の生産量を落とすようなことはしたくないはずだと説得にかかる。それを聞いた手下は自ら準備を行い、自分でも作れることを証明しようと作業を始める。

 

ソウルのオフィスには体の大きな黒人男性が中に陣取って、入り口を締め切っている。受付の女性は中におり、本来営業していることは伺える。そこにスカイラーから電話がかかってきた。

ウォルターの居場所を尋ねるスカイラーだったが、ソウルは知らないと言って電話を切る。そして、黒人男性に「パスポートはあるな?」と尋ねる。

 

ウォルターの新居を訪ねたスカイラーは鍵師を丸め込んで玄関のドアを開けてもらう。鍵師が立ち去った後に家を物色するスカイラー。

 

ラボでは引き続き手下が作業をしている。思いのほか順調に作業を進める手下。そこにグスタボがやってきた。

ウォルター達に何も言わずにラボの奥に進みスーツを脱ぎ始めるグスタボ。そのまま作業着に着替える。その間、ウォルターは自分の製品は他の何者にも真似できないことを主張し続ける。

着替えを済ませたグスタボはカッターナイフを手に再びウォルター達に近づいてくる。ウォルターは自分やジェシーを殺せば800万ドルの損失だけが残ると主張する。

話をし続けるウォルターに目を向けたまま、グスタボは手下の背後に回りこみ突然彼の首をかき切った。驚く3人。グスタボは無言を貫いたまま手を洗い、作業着を脱ぎ捨て、再び何食わぬ顔でスーツを身にまとった。

そのまま何も言わずにラボを立ち去ろうとする彼だったが、一言「では、仕事に戻れ」とだけ告げて出て行った。

 

手下の遺体を大きな薬品のポリタンクに入れる3人。以前にエミリオの遺体を風呂で溶かしたように、手下の遺体も溶かして処分し、腐食性廃棄物として廃棄した。その後床に広がった血を掃除し、ファミレスに場所を移す。

とりあえずの窮地は乗り切ったものの、今後のことについて相談する2人。ウォルターは心配しているものの、ジェシーはゲイルの代わりになる人物などそうそういないので簡単には殺されないと言い切る。何か吹っ切れた様子のジェシーは「このまま殺されるまでは生き地獄だ。」と述べていつもどおりに振舞うのだった。

 

自宅に帰ってきたウォルターは自分の車が無いことに気づく。その時スカイラーが表に出てきてフリンに気づかれる前に動かしたと言う。ウォルターの様子に大丈夫かと問う彼女だったが、ウォルターは「大丈夫だ」と答える。

 

その頃、ゲイルの部屋を鑑識が調べていた。机の上にはラボ・ノートと題されたノートが置いてあった。