ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン8 第7話 「心の葛藤」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク





みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

リックが捕らえられていたコンテナらしき場所の扉が開く。目の前にはジェイディスがおり、彼の写真を撮った。再び扉が閉められようとしたとき、リックは写真を撮る理由を尋ねた。ジェイディスは「あとで」彫刻を作るためだと答えた。

 

ユージーンの部屋にドワイトが入ってきた。ユージーンは早速彼に、連合軍と結託して救世主を追い込んであるのは分かっていると告げた。そして、それをニーガンに報告しない代わりに、これ以上の裏切り行為は控えるようにと言った。

しかし、ドワイトはすでに救世主の敗北は決定しているため、ユージーンこそ何もせずに状況を見守るべきだと答えた。ユージーンは人々の安全を守るための行動をすると言って部屋を出ていこうとし、一方でドワイトのことは言わないと告げた。

 

廊下を歩いているユージーンに、カーソン医師が声をかけた。ニーガンと共に建物に戻って来たガブリエルが体調を崩し、さらにそれが悪化しているというのだった。医務室のベッドの上のガブリエルは息が荒く、カーソンは薬を探すために部屋を出た。

するとガブリエルがユージーンに声をかけ、座るように言った。カーソンを脱出させるべきだと提案するガブリエルに対し、ユージーンはウォーカーの包囲を脱出するのは困難であるうえに、ガブリエルのようにウォーカーの内臓を身にまとえば体調を崩すこともあるので危険だと答えた。

それでもガブリエルは奇跡を信じるべきだと言い、そのために正しいことをしろとユージーンに告げた。

 

ダリル達がウォーカーに囲まれた聖域のそばまでやってくると、狙撃のために潜んでいたモーガンも姿を現した。トラックで突っ込んで壁を破り、救世主の戦士が住むエリアにウォーカーたちをなだれ込ませる作戦を立てるダリル。

しかし、ロジータはリックが立てていた元の作戦が実行されるまで待つべきだと主張し、その作戦に乗らない。モーガンが近くに車があることを伝えると、彼女は一人でその場を離れた。

 

ユージーンはニーガンに呼ばれて会議室を訪れる。ニーガンは労働者たちを守るためにもユージーンの力が必要で、何か行動を起こせと命じる。ユージーンはうなずいて席を立った。

そして、自らの部屋にあった修理中のスピーカーから拡声部の部品を外し、サシャが息を引き取った棺を探し出し、ポータブルオーディオを回収した。

 

ダリル達の作戦が決行される寸前、ミショーンはこの作戦で危険を冒すべきではないとダリルに訴えた。だが、ダリルの意思は固く、ミショーンに突入用のトラックから降りるように言った。

 

ユージーンは集めた部品を手製のグライダーに取り付けていた。大きな音量で音楽を流せるそれを、出入り口から離れた場所に飛ばすことでウォーカーを引き離す作戦だった。そして、いよいよグライダーを飛ばそうとしたとき、背後から「振り向くな」と声がかかった。

声の主はドワイトだった。ユージーンは無実の労働者を救うためだと主張し、自分に銃口を向けるドワイトに逆らう。彼はポータブルオーディオの再生ボタンを押し、グライダーを飛ばした。

時を同じくして、トラックの運転席のダリルが作戦の決行を指示する。

ドワイトは銃を連射し、ユージーンではなくグライダーを撃墜して姿を消した。

ダリルのトラックは聖域の壁を破り、ウォーカーが中になだれ込んだ。しかし、トラックが壁を破った南側の建物には多数の労働者がいた。信じがたい光景にユージーンは怒りを覚える。

彼はその足でガブリエルのいる医務室に向かい、カーソン医師を逃がすという作戦にノーを突きつけた。

 

ユージーンは会議室で再びニーガンと向き合っていた。ニーガンは彼に弾丸の製造を依頼した。そこに他の幹部たちが入ってくるが、彼はドワイトのことを告げ口することはなかった。自分の部屋に戻ったユージーンは飲みなれない酒をあおった。

 

リックがコンテナから連れ出される。広場のような場所に引き出された彼の前に、棒で頭を固定され自由に身動きできないウォーカーも連れてこられた。ジェイディスは「この後よ」と言って、ウォーカーをリックに向けさせる。

ウォーカーが目前に迫ったとき、リックは自分を抑え込んでいた者を殴り上げ、ウォーカーを制御していた者も殴り倒す。ウォーカーを制御していた棒を奪うと、彼らをけん制しつつ、首をねじ切る形で棒と頭部だけの状態にした。

ジェイディスは銃で反撃を試みるが、リックが懐に入る方が早く、彼女は簡単に地面にたたき伏せられ、まだ噛みつく意思のあるウォーカーの頭部と、目と鼻の先の状態に抑え込まれた。

ジェイディスの部下たちが銃を構えて彼らを取り囲むが、観念したジェイディスは銃を下ろさせる。ついにジェイディスは協力を約束した。

 

リックがジェイディスの部隊を引き連れて聖域の付近に向かうと、様子がおかしかった。狙撃手が控えているはずの塔に上り、スコープを使って聖域を覗くと、そこにはウォーカーの姿が一切なかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です