読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ ブログ

ウォーキングデッド、アンダーザドーム、ブレイキングバッドなど、管理人が観たおすすめ海外ドラマのストーリーを1話ごとに書き起こすブログ。完全なネタバレなので注意。

筆者がHuluやAmazonプライムビデオで見たおすすめ海外ドラマを1話ごとに文章に書き起こしていくブログです。ネタバレが嫌な方はすぐにページを抜けて、HuluやAmazonプライムビデオでご覧ください。また、描写が不足して意味が分からない箇所、誤字脱字などありましたらコメント欄からお知らせください。

ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン2 第7話 「死の定義」 あらすじ・ネタバレ

ウォーキング・デッド(The Walking Dead) ウォーキング・デッド シーズン2

各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク





みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ウォーキングデッド

翌朝、一行はいつも通り外で食事をとっているが、互いに色々あったため、誰もしゃべらなかった。そこに、グレンが意を決して「納屋にたくさんのウォーカーがいる」と投げかける。誰もが食事の手を止めた。

納屋を確認し、すぐにでもこの場を離れようと言い出すシェーン。しかし、ソフィアがまだ見つかっていないと抵抗するダリル。互いの主張をぶつけ合い、つかみ合いのケンカになりかかる。

その声を聴いたウォーカーたちが、鎖で封印された納屋の扉を揺らすのだった。

 

ダリルはケガの養生中にもかかわらずソフィアを探しに行こうと、馬小屋で馬に馬具を取り付けようとしていた。そこにキャロルが現れ、見つかるか分からないのにケガをおしてまで行くなと言う。実の娘の探索をあきらめかけているキャロルの言葉に怒りを覚えるダリルだった。

 

デールはキャンピングカーの中で、銃器を持ってソフィアの探索に出かけようとするアンドレアに話しかけ、シェーンとの関係はやめておいた方がいいと言う。しかし、アンドレアとデールの意見は相いれず、アンドレアはキャンピングカーから出ていく。

 

リックは家の中で食事中のハーシェルを訪ね、納屋のことについて意見交換をしたいと言う。しかし、ハーシェルは週末までに仲間と出ていって欲しいとだけ言い、意見交換には応じない。

ウォーカーは病人だと信じて家族を納屋に閉じ込めているハーシェルに、ウォーカーたちは死んでおり、人を襲うのだと説得を試みるリック。加えて、ローリの妊娠を伝え、子供のためにもここにいたいと言う。

 

マギーはハーシェル本人に「お父さんは変わった」と言う。昔の父は「互いに愛せ」と言って自分を育てたのに、今はリックたちを追い出そうとしていると訴える。その言葉に胸を痛めるハーシェル

そのとき農場の若い男(ジミー)が「まただ」と言って二人の場に入ってくる。

ハーシェルは外に出て、ソフィア捜索についてアンドレアと話し合っているリックを連れ出す。

 

シェーンは1人で野菜を切るローリのもとを訪れ、リックから妊娠のことを聞いたと告げる。そしてその子供は自分との間にできた子だろうと言う。しかし、ローリは子供は確実にリックとの子供で、シェーンが何を言おうと事実は変わらないと言い返すのだった。

自分を受け入れられない環境にいら立つシェーンはキャンピングカーに戻り、何かを探す。しかし、目的のものが見つからない。探していたのは銃器で、先ほどアンドレアと話が決裂したデールが持ち去ったようだった。

 

ハーシェルはリックを連れて沼地にやってくる。別の農場を運営していた女性がウォーカーと化して沼地に足を取られ、おそらくその従業員だった男と共に沼に足を取られて身動きが取れなくなっているのだった。

ハーシェルは自分の農場に残りたいのなら、彼らを人間として扱えと言いながら、リックに捕獲用の道具を渡す。

 

キャンピングカーの屋根で見張りをしていたグレンはマギーを見つける。納屋のことを一行に話したグレンに対して怒り、話をしようとしないマギーを力ずくで呼び止めたグレンは、ウォーカーが病人でも死人でも危険であることは変わりなく、その危険がマギーに降りかかるのを防ぐためには話さざるを得なかったと告白する。その言葉を聞いたマギーはグレンへの怒りを収めるのだった。

 

デールは森の中の沼地で銃器を隠そうとしていた。そこにシェーンが現れ、銃器を返すように言う。銃を渡すまいとシェーンにライフルを向けるデールだったが、シェーンは銃口が胸に当たるまで近づく。

根負けしたデールが銃器の入った袋を渡すが、「自分はこんなに悲惨な世界でも落ちぶれなかったと胸を張って言う」と捨て台詞を言う。シェーンは銃器の袋を持って農場に戻った。

 

農場に戻ったシェーンは一行にそれぞれ銃を渡す。納屋のウォーカーを駆除するつもりだった。ローリが止めようとしたところで、ウォーカーを捕獲したハーシェルとリックが農場に戻ってくる。

駆け寄ってウォーカーに銃を向けるシェーン。彼はウォーカーが死なないことをハーシェルに見せつけるために、胸を何度も撃つ。そしてさんざん撃っても死なないことを見せた後に頭を撃ち抜く。それを見て呆然とするハーシェル

リックはそのまま納屋の錠を壊しにかかる。リックはもう一体のウォーカーを抑えているため、彼を止められない。そして、リックは錠を壊してしまう。

 

中から多数のウォーカーがあらわれる。一行の銃を使えるものは皆一様に銃を構え、次から次へとウォーカーを射殺する。グレンもマギーに一言声をかけて銃撃に加わる。

十数体のウォーカーを射殺し、誰もがその場を動けないでいたとき、納屋からもう一体のウォーカーが現れた。その姿は子供…ソフィアだった。

思わず駆け寄ろうとするキャロルだったが、ダリルに抑え込まれる。一行にはソフィアを撃てなかった。ジリジリと距離を詰めるソフィア。リックは意を決して前に進み出て、彼女の頭部を撃ち抜くのだった。