ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン2 第1話 「長い旅路の始まり」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク



みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

ウォーキングデッド

CDCで治療薬を入手する希望を失ったリック達はアトランタを出ることを決意し、フォートベニング基地を目指すことにする。それは200kmを超える長い旅路となる。

 

元々高速道路だったと思われる通り快適にを進む車列だったが、あるところで横転した車の塊が道をふさいでおりスピードを緩めざるを得なくなる。慎重に放置された車の間を縫うように進むが、デールの運転するキャンピングカーが煙を上げて故障する。

修理するパーツもないと一瞬だけぼやいたデールだったが、目の前に放置車の山があることから、その中からパーツを頂戴することを思いつく。他の仲間も水や食料、ガソリンがないか探すことにする。

 

順調にパーツや水、ガソリンを見つけた仲間たちだったが、作業が終わらないうちにデールとリックが、双眼鏡を通してウォーカーの集団が迫ってきていることに気づく。

仲間たちは皆放置車の下に身を隠し、ウォーカーの集団をやり過ごそうとする。しかし、キャンピングカーに残っていたアンドレアはウォーカーの接近に気づくのが遅れ、社内に身をひそめる。また、Tドッグは身をひそめようとした際に廃車から飛び出た金属で、腕を大きく切り流血してしまう。

 

ウォーカーの一体がキャンピングカーに入り込んだため、アンドレアはクロークのような個室に隠れる。ちょうど銃の整備を手伝っていたことから、バラバラになった拳銃も個室に持ち込み、慌てて組み直しをしようとするが、その部品が床に転げ落ちてしまったことから、ウォーカーに存在を悟られてしまう。

個室の扉を抑えて抵抗していると、キャンピングカーの屋根に潜んでいたデールが、天井窓からスクリュードライバーを投げ入れる。それを拾い上げ、ウォーカーの目に何度も突き立てるアンドレア。やがてウォーカーは動かなくなる。

 

一方、Tドッグは血を流し過ぎて足元が定まらなくなり。車の陰に倒れこむ。そこに一体のウォーカーが迫ったが、ダリルがウォーカーの背後から頭にナイフを突き立て、危機を取り除く。それを見たTドッグは、安心したのか気を失ってしまう。

仕方なくダリルはTドッグの体にかぶせるように死んだウォーカーの体を乗せ、自分も近くにあった遺体を覆いかぶってほかのウォーカーたちをやり過ごす。

 

やがて集団が去り、安心した仲間たち。キャロルの娘、ソフィアも安心して気を抜いたところに後続のウォーカーの足が見えて悲鳴を上げてしまう。悲鳴を聞いて車の下に手を伸ばすウォーカー。ソフィアは反対の端から車道を離れて森の中に逃げ込んでしまう。

それを追う二体のウォーカーとさらにそれを追うリック。リックは先回りしてソフィアを抱え逃げる。銃を使うことを避け、川場に逃げ込んだリックは川べりのくぼみにソフィアを隠れさせ、自分がおとりになってウォーカーを倒してから戻ると伝える。狙い通りにウォーカー達はリックを追うが、ソフィアはすぐにその場を離れてしまう。

なんとかウォーカー二体を退治したリックだったが、ソフィアがいないことからシェーン、ダリル、グレンと森の中の捜索を始める。ダリルは追跡術を持っており、足跡からソフィアをある程度追うことができたが、元いた方角とは違う方向に足跡が続いていた。

そこで、シェーンとグレンは高速道路に戻り、ほかのメンバーに資源集めなどをさせ、リックとダリルで追跡を続けることにする。

 

仲間の下に戻ったシェーンとグレンは資源回収を急がせる。会話の中から、ウォーカーたちが群れで行動する疑問が沸き、自分たちのキャンプを襲ったのも群れだったことを思い出す。

 

捜索を続けるリックとダリルは一体のウォーカーを見つける。ダリルのボウガンでウォーカーを仕留めると、その爪に皮膚らしきものがついていることに気が付く。歯にも肉片がついていることから、2人はウォーカーの腹を裂いて中を確かめることにする。

吐きそうになりながら胃袋を取り出した2人。それは人肉には見えず、ウッドチャックという大きなネズミのように見えた。とりあえず安心した2人はまた捜索を続けることにする。

 

夕暮れ時。高速道路にリックとダリルが戻ってくる。しかし、ソフィアの姿はなかった。悲しむキャロルに翌朝また捜索すると告げるリック。しかし、キャロルはリックに対して恨み言を続けてしまう。最善の行動を取ったつもりのリックだったが、親としてその言葉がつらかった。

 

翌朝捜索に出かける前に、自分の親からもらった銃を返して欲しいというアンドレア。その銃はデールが『彼女のため』に預かっている。しかし、デールは返そうとしない。あくまで彼女のためを思って預かっていると主張するデールに対し、アンドレアが自分で選んだ死に場所を奪っておいて人のためを思っていると言うのは勘違い甚だしいと責めるアンドレアだった。

捜索中に一つのテントを見つける捜索隊。ダリルが様子を見ると、人影が見える。キャロルの声で呼びかけるが、人影は動かない。中に入ると、それは自殺した男の遺体だった。テントを出るとすぐに遠くから鐘の音が聞こえてきた。ソフィアの合図かもしれないと、捜索隊は音の方に歩みを進める。

 

鐘の方向に歩くと教会があった。教会の中に入ると、3人のウォーカーがいただけだった。リック、シェーン、ダリルの3人で1体ずつ仕留める。教会には鐘がなかったため、ほかの場所に移動しようとすると、教会の外にあったスピーカーから鐘の音が聞こえ始める。どうやらタイマーで鳴るようだった。

一旦教会に入るメンバーたち。しかし、アンドレアは外の木陰に残った。するとシェーンとローリの外でのやり取りが聞こえてきた。2人は以前の仲や今の不仲、これからシェーンは仲間たちの下を離れて1人で行動をすると言う。

ローリが教会の中に入ると、アンドレアはシェーンの前に姿を現し、彼について行くと言う。彼女も仲間たちから距離を置きたいのだと言う。そこにリックが現れたため、2人の会話は終わる。

 

リックとシェーンはもう少しその場に残るが、ほかのメンバーには高速道路まで戻るように伝える。カールも友達のソフィアを探すために残りたいと言い、その場に残る。しかし、その後もソフィアは現れず、3人も移動を始める。

道中、大きな鹿を見つける3人。大自然との遭遇を喜び、徐々に鹿に歩み寄るカール。それをにこやかに見守るリックとシェーン。しかし、突然大きな銃声がし、鹿が倒れ、カールの腹が撃ち抜かれるのだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です