ウォーキング・デッド(The Walking Dead):シーズン8 第4話 「王への忠誠」 あらすじ・ネタバレ


各ドラマの各シーズン1へのリンク集はこちら
おすすめ海外ドラマ あらすじ・ネタバレ 各シーズン1話目リンク





みなさんの応援が活力です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

出発前。王は王国の人々を勇気づけるように演説を行った。王国の人々もそれに応えるように声を上げる。王国の心は一つだった。

巨大なマシンガンによって掃射された広場には、大きく損壊した遺体が多数倒れていた。その中に折り重なるように遺体が積まれた場所があった。やがて遺体が動いたかと思うと、中からエゼキエルが這い出してきた。

エゼキエルも脚を負傷していたが、それが気にならないほど周囲の状況は悲惨だった。誰一人として王国の兵が生きていない状態。やがて転化した者が動き始める。王が顔を見て悲しみに暮れていた兵も転化し、王の胸倉をつかむ。なんとかそれを振り払ったが、脚をけがしている王は走って逃げることが出来なかった。

ウォーカーに囲まれたエゼキエルだったが、遠くから駆け寄ってきた兵士に救われる。脚をけがした王を支えながら、必死に逃走を図る兵士。

 

建物の中では巨大なマシンガンを片付けて引き上げを始める救世主の姿があった。キャロルはその建物に忍び込んでいた。武器庫代わりの部屋に大量の銃。キャロルは集まってきた男たちをマシンガンで一掃した。だが、敵の部隊は一つだけではなかった。他の部隊が集まる前にその場を離れた。

 

エゼキエルは先ほどの兵士と共に逃げていたが、突然兵士が背後から撃たれて倒れる。救世主の一人が物陰から出てきて、王に銃を突きつけ、移動を促す。

 

男たちは巨大なマシンガンをトラックに積み込むために駐車場まで降りてきた。そのあとをつけるようにキャロルも潜んでいた。

キャロルは奇襲をかけようとするが、思いのほか男たちは多方向に分かれていた。そのため、マシンガンを荷台に積もうとしていた男たちを射殺することもできず、自らの存在に気づかれて銃撃戦となってしまう。

 

王の身柄を抑えた男だったが、鍵のかかったフェンスに遮られ、それ以上の逃走ができなかった。背後から迫るウォーカー。男は王から上着を奪い、フェンスの上にある有刺鉄線にかぶせると、フェンスを越えて逃走するという。

脚を負傷しているエゼキエルは、自分にはフェンスを越えられないと言うが、男は王の首だけ持ってニーガンの下へと向かうと言った。そして、王の剣を振りかざし、彼の首を落とそうとしたその時、王の側近であるジェリーが現れ、男を斧で一刀両断した。

 

銃撃戦は膠着したが、キャロルは少し離れたところにゲートを開けるためのボタンがあることに気づいた。そのボタンを押すために一度降参したふりをして姿を現す。近づいてきた男の一人を人質に取るが、容赦なく撃ってくる男たち。捕らえた男を盾にしてできた一瞬のスキをついて、ボタンを押し、身を伏せるキャロル。

男たちの後ろのゲートが開くと、ウォーカーたちが入ってきた。男たちはそれに気づかなかった。

 

ジェリーはフェンスの鎖を切ろうと何度も斧を振り下ろしたが、それはかなわなかった。やがて斧が壊れ、彼が手にするのはただの棒切れとなる。それでも王を守るため、背後から寄ってくるウォーカーと対峙したジェリー。王も不自由な脚を引きずりつつ、剣を構えた。

 

形勢が逆転し、有利になったキャロルは男たちを追い詰める。そのときフェンスの向こうでウォーカーと対峙している王たちの姿が視界に入る。

キャロルは巨大なマシンガンを男たちから奪うことよりも、王たちを救うことを選んだ。フェンスに近寄り、ウォーカーに向かって掃射する。フェンスの鍵は先ほど人質に取った男が鍵束を持っていたため開けることができた。

王は救いに感謝しつつも、巨大なマシンガンが持ち去られたことを悔いた。しかし、何かに気づいたキャロルは笑みを浮かべ、「聖域には持っていかせない」と言った。

 

マシンガンを積んだ車の後を数秒遅れてバイクとジープが追っていた。ダリルとリックだった。逃げる男たちも追っ手に気づくと、荷台から後方のリックに向かってマシンガンを撃ち始める。

それに足元をすくわれ、バイクが転倒してしまうダリル。リックは引き続きトラックを追う。そして、頃合いを見て急ハンドルで横に避けると、後ろから追いついてきていたダリルがジープの陰から姿を現し、荷台でマシンガンを撃っていた男を射殺する。

リックはトラックの運転席に飛び乗り、運転手を刺殺するが、トラックはそのまま道路を外れ、脇道の丘の下まで転がり落ちてしまった。

 

エゼキエル、ジェリー、キャロルの三人は必死の逃走を続ける。しかし、それも難しくなったとき、シヴァがどこからともなく現れ、ウォーカーを蹴散らした。そのすきに安全な場所まで移動できた三人だったが、シヴァはウォーカーに囲まれ食われてしまった。

三人はなんとか王国まで逃げ帰ることができたが、集まってきた王国の民に対して、王は言葉をかけることもできずその場を離れてしまった。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です